「いらっしゃいませ。」から「ありがとうございました。」まで一人のスタイリストがアナタのための専属になる美容室

2021 年 リザルト

めちゃくちゃ久しぶりのブログです。
元気ですか?
僕は元気です。

美容師的にサロンワークっていうお店で営業すること。
クリエイティブワークっていう休みとかになんかごちゃごちゃやってること。
と、なんとなくそんな感じで分かれます。

努力は見せたいし、なんなら褒めてほしい。

自己顕示欲の塊です。

ということで

まずは滝川ビューティギャラリーという美容室向けに発行されているカタログの中にある
第6回トニーアンドガイフォトコンテストで

コチラがデザイン賞いただきました。

これが2月です。

実はこの写真、昨年行われたミルボンDAというコンテストに出すつもりで撮ったのをスッカリ提出忘れしてて(テヘペロ)

でこちらに出したのが賞をいただけたので人生何がおこるかわかりませんね。

そして、同じく滝川ビューティギャラリーで

銅賞いただきました。

こちらは第7回です。

この前のやつは、ヘアメイクは自分ですが、カメラはプロカメラマン、衣装は美容師向けの衣装さんにお願いしてたのでみんなで取った賞ですが、コレは全部自分だったのでなんかすごく嬉しかったです。

金髪のおっさんから喜びが滲みでていますね。


こちらガモウ関西というとてつもなく影響力のあるディーラーさん(靴を舐めろと言われたら喜んでお靴を舐めさせていただくディーラーさんです。ワンワンU^ェ^U)

セレクト違いの写真ですが、三期つづけて広告に使って頂きました。
それもあってかキャンセル待ちが出るくらい撮影会に人が集まる時もあれば、そうでもない時があるみたいです。
いい時は自分のおかげ、悪い時は他人のせい。
そんな生き方をしていきたいです。

はい、精進します。



こちらOHA(オンラインヘアードレッシングアワード)というところで
結果的にグランプリとノミネートを頂きました。

天才かな?と思ってしまいました。

天才の作品見ましたか?
スクショするなら今です。
カメラとメイクは僕じゃないので、天才!って思えた理由はそれかもしれないですねwww

こちらはノミネート作品ですが、個人的に一番好きな作品です。
その時そのときの思いれが全ての作品にあるので、甲乙つけるのはなんとなくアレですが
一番自分らしいって思えた作品でした。
カメラヘアメイク全て自分です。

お次は、


ヘアカルという、地元を題材にしたコンテストで入賞いただきました。

ローカル愛がそんなに強い方ではないとおもいますが、せっかくこの地で生まれ育ってこの地で美容室を営んでいるのでこの甲賀市をテーマにして作品が作れたこと。
そしてその作品が評価されたことが大変嬉しかったです。

オール甲賀でがんばろうwww

はい、意味不ですねw



去年?やったかな?UMAというメイクアカデミーを主催させていただいておりました。
高知県に僕の尊敬する美容師さんからどうして学びたくて、お願いをメイクスクールを主催しておりました。
その最終回に作った作品がTOKYO fashion edgeという雑誌に載せていただいております。
ほんと色々考えるキッカケになりました。
ありがとうUMA。

お酒飲んでしまっている状態でブログを書き始めてしまったので、雑誌をお店に取りに行く訳にはいかないので、インスタのストーリーのスクショですが。
(ストップ飲酒運転)

こちらもTOKYO fashion edge内のフォトコンで佳作いただいております。
テーマを「AM4:58」という明け方に輝く女性を表現しておりますが


ヘアメイクカメラ全て私です。
題名の付け方に詩人的な感性を感じざる得ないですね。
褒めてください。

そして最後

スニップスタイルという雑誌に載せていただいております。

ヘアとメイクは僕ですね。

神と称されるシャウルデッサンの黒木さんに撮ってもらった作品です。
髪色がんばりました。

以上、形として残った作品でした。

結果として残らない作品の方が多いですが、結果がどうでアレ全ての作品がその時々で全力で取り組んで自分の中では大切な作品です。

美容師として、ご来店いただいたお客様にはもちろん全力でやっておりますし、こういったことはあまりお客様には関係ないと思われるかもしれません全ての行動原理は「お客様のため」にです。

2022年はどういった結果になるかは分かりませんが、更なる飛躍ができるように頑張っていきます。

あと、気づいたのはもう少しブログの頻度を上げた方が良いな。

長文は疲れるwww

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください