「いらっしゃいませ。」から「ありがとうございました。」まで一人のスタイリストがアナタのための専属になる美容室

ヘアドネ

どうも、僕です。

今週もヘアドネでご来店いただきました。

ヘアドネーションとは、18歳以下の髪を失った子ども達に無償で人毛100%のウィッグを提供する活動です。

では、31cm以上の(今回は40cm)のところでくくらせていただいて〜

仕上がりです。

ダンスされてるって事でしたので、くくれる長さは残して、また自分でくくりやすいように段(レイヤー)はあまり入れず、くくった時に表面になる毛以外で量感調整させてもらいました。

今回のヘアドネの主は小学5年生の女の子。

月曜日、学校行ってもらうのが楽しみですね。

自分が小学生の時は、こんな誰かの役に立ちたいなんて明確な意思を持って行動してなかったのでつくづく立派で偉いなぁ〜と尊敬します。

どのお客さんが来られても、手は抜きませんし誰も特別扱いしていませんし、言うなら全てのお客さんが特別なのでヘアドネに限り「気合い入れるで!」てのはないですが、やっぱりね。想いを受け取る側としては慎重になります。

お客さんのスタイル撮影もヘアドネの方限定で許可を得てブログ書いておりますが、ヘアドネ以外のお客さんをブログに載せる事はないですので安心して下さいませ。

もちろんヘアドネの方もブログ掲載は断っていただいて結構ですので。

3/18(日)、3/19(月)は連休になります。

ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください