「いらっしゃいませ。」から「ありがとうございました。」まで一人のスタイリストがアナタのための専属になる美容室

カラーがしみなくなるってホント?

新年度ではじめまして。

どうも、僕です。

改めて、体毛濃い男です。

以前から、僕には悩みがありました。

それは

体毛が濃い

ナイーブな僕は、非常に悩んでおり

お客さんに肩タオルかける時などもなるべく腕毛を見せない等意外と気を使っておりました。

しかし、今回はこの体毛を活きるときがきました。

38年間男性ホルモンを養ってきた甲斐がありました。

以前、ネットサーフィンしているときに砂糖をブリーチに入れるとしみない?

何てこと見かけてその時は「ほーん。」て感じで読み流していましたが、つい先日思い出し入園式を目前にし長谷川さんのカラーをしたときにこそっとカラー剤にガムシロップを混ぜて地肌にベタ塗りしたところ「今日は全然しみない!」というご感想をいただいたのでコレは!?と思い自分で人体実験です。

お題

ブリーチに砂糖を入れるとしみない?

なんでも疑いから入る僕としては、体験してみないと信じられない。

ということで

中途半端に残ってるブリーチを使ってレッツ人体実験です。

薬を作ってその中にガムシロップを入れます。

ブリーチ:2剤:ガムシロップを1:2:1ですね。

とりあえずです。とりあえず…

【画像をクリックでモザイクが取れます。】

男性ですね。

申し訳ない。

なんせ、男性ホルモンの塊みたいな人間なので。

でも、趣味は乙女よ♡

はい、続けます。

では、腕にブリーチ塗って

ラップ巻いて30分放置です。

とりあえずヤフーニュースをチェックします。

で30分経ったので洗います。

肘に近い側を砂糖なしのブリーチ

手に近い側を砂糖有りのブリーチにしてみました。

感想としては、砂糖なしはメチャクチャ痛かった。

砂糖有りはヒリヒリ感も痛みも何も感じない。

書き忘れていましたが、僕自身めちゃくちゃカラーがしみるので10年以上染めておりません。

薬が浮いていようがしみます。

ので、自分の体にカラーを塗布するのはかなり久しぶりです。

で、

結果発表~(浜ちゃんの声で)

なしは原液でつけていますので、普通にブリーチです。
ちなみに画像では分かりづらいですが、けっこう赤く腫れてしまいました。

有りは「なし」の部分と比べると暗いように感じますが、こちら側のほうが毛が太いので暗く見えてしまいがちですが美容師的な感覚でいうと
「なし」より「有り」のほうがワントーン暗い。

しみてワントーン明るい

しみなくてワントーン暗い

まあ、判断が難しいところですね。

ちなみにロロはなるべくお客様の肌に負担をかけないように地肌につかないようにカラーの塗布を心がけています。

そして

このようなものを使ってカラーして頂いたすべてのお客様にカラー後の余計な負担すべて取り除く努力をしております。

今回は、あくまで実験です。

これでお客様のカラー剤に砂糖ぶち込むとかはないのでご安心ください。

そして、後日まだ続きますwwwww

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください