「いらっしゃいませ。」から「ありがとうございました。」まで一人のスタイリストがアナタのための専属になる美容室

僕の話、覚えていますか?

覚えていますか?

僕のこと(ニチャア)

えへへへへへ。

嘘です。

実は去年からしようしようと先送りにしていた事なのですが

なにかお客さんに爪痕を残したい。

記憶に残りたい、エトセトラ。

気持ち悪い前ぶりは置いといて

わりと真面目に営業中に髪の毛に関する重要な話をしていることが多いんですが

どうも話し方が悪いのか、わりかし覚えていただけてなかったり・・・

同じお客さんに何回も同じ話をしていたり・・・

そこで、何気に今年10周年を迎える我がお店。

僕が美容師人生20年かけて培ってきた知識を一冊の冊子にしようとしています。

小難しい話は無しで、かつ見ればもう迷わない。って感じの。

記憶に残りつつ、記録にも残す。

イッツマイスタイル。

イェア。

これをまとめて挿絵をしつつデザインもキレイにしてPCで打ち直して、キチンと製本して、10周年のタイミングくらいでドロップアウト出来たらなと。

美容師として20年。

お店を構えて10年。

この愛すべき2019年に今まで育てていただいたお客さんに恩返し?的なものを作ります。

この一冊さえ持っていれば、髪の毛関するアレやコレ。

すべてわかります。

健康にそして美髪になります。

なかなかドライヤーのかけ方、シャンプーのやり方、トリートメント?コンディショナー?などお客様が知ってそうで知らない知識をひけらかします。

これであなたも迷い知らず。

お客様の美髪人生の指南書に。

誠意作成中です。

出来上がりを楽しみに!

ちなみに

無料配布予定!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください