「いらっしゃいませ。」から「ありがとうございました。」まで一人のスタイリストがアナタのための専属になる美容室

お前ん家のシャワー、なんか水圧弱くね?

お前ん家、なんか天井低くね?

そう申しておられたのは、ふかわりょう氏でした。

では、本題

今日お話するのはシャワーの話です。

グヘヘ、奥さんどうやって シャワーしてますか?

!? !?

いや…だから…どうやってシャワーしてますか?

そんなの聞いてどうするの!このヘンタイ〜

サロン内では、こんなやり取りが日常茶飯事ですが…

(ウソです)

髪の毛洗う時、どの距離からシャワー当ててますか?

まさか

こういう所にかけて家のクソ弱い水圧でシャワーをかけていませんか?

ハイ

ダウト〜〜。

クソ腹たつ画像ですね。

自重します。

正解は

地肌に近い所で当てて下さい。

とくに女性ですが、アナタが思ってるほど肌にお湯が通ってないです。

その結果、洗い残しやそもそも地肌の汚れが浮かないので、シャンプーが泡立ちにくい。汚れが残る。

そして、肌の炎症が起こる、フケが出る、痒みが出る。臭いが残る。

そして皮膚炎に…

と、なっていきます。

僕は常々お客さんに「シャンプーは補助剤」という言い方をしています。

お湯洗いで汚れが取れるならそれに越したことはないですが、現実問題無理な話でございます。

理想にカタチで言うと

  • お湯洗い3分
  • 自分に合うシャンプー(これが難しいですが…)
  • お湯流し2分
  • トリートメント
  • お湯流し1〜2分

と、言ったところでしょうか。

しかしながら現実問題なかなか難しい。

「出来るか!」と、思った方

出来るかじゃないんです。するんです。

これを聞いて「メンドクセっ」と思った方はお風呂入る前にしっかり根元から櫛を通して下さい。

お湯通りも良くなり、汚れが落ちやすくなっております。

とは、言え美容師としてシャンプーソムリエとしてしっかり3分流して下さい。と書いておきます。

頭皮は非常に汚れも出やすく、髪の毛もあるので洗いもにくく、雑菌も繁殖しやすいです。

何か起こってから治すのは大変です。

シャンプーを泡だてるのには、しっかりとしたお湯洗いが重要ですし、お湯を通すにはシャワーを地肌近いところで当てる。という事が重要です。

しっかりお湯洗い出来てれば、シャンプーは最低限の量で済みますし、それでかかる頭皮や髪の毛に対する負担も軽減出来ます。

頭皮が荒れた。痒い。臭い。とか感じてる方は先ずはシャンプーの見直し、食事療法、体調管理といったことが大切ですが、こう言ったシャワーの距離なども大変関係してきますので、是非ご参考にして下さい。

そう言い残して

西村は

灰となって消えていった…

では、

明日も元気に営業していますw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください