「いらっしゃいませ。」から「ありがとうございました。」まで一人のスタイリストがアナタのための専属になる美容室

11歳のヘアドネ

小学生の女の子が、ヘアドネをしに来てくれました。

親戚の人がウチでヘアドネしてくれて、存在を知ってそれで自分も!ってなってくれたみたいです。

キッチリいただきました。

コチラも本人、ご家族さんの確認とってロックスで責任を持って送らせていただきます。

で、仕上がり〜。

最後に、服装に合わせて星っぽく金色のピンを付けてみました〜。

ヘアドネは、31cm以上の髪いただいて病気などで髪失った18歳以下の子どもたちに無償でウィッグを提供する活動です。

ロックスからロロに変わってもこの活動は続けますので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください